通知エリア

【RGB】PCパーツを光らせたいなら12Vではなく5Vを選べ!

パソコン

個人的に、ですが、

ピカピカ光るパソコンが大好きです。

なので色々なパーツをRGBで光らせているのですが、

外部パーツ
例えばLEDテープや
先日ご紹介した光らないメモリを光らせるようにするヒートシンク

自作PC初の不具合

81QX7G1prWL._SL1500_

など、

他社製品だったり安いパーツだったりは
12V製品と5V製品があります。

マザーボード上に12Vヘッダーピンと5Vヘッダーピンがあれば
それぞれ外部パーツをマザーボード上で管理できます。

ASUSでいえばAURA SYNKになります
2019-07-04 (2)

端子の規格が違うので、
違う規格の物を接続すると回路が故障する危険性があるのでダメです。

ってかそもそも
12Vと5Vって何???
っておもいますよね

僕もあんまり詳しくありませんが、
自分が購入した結果もふまえ、話していきます。

rgb-headers-motherboard

12Vは普通のRGBです。
端子の数は4pinです
単色ではなく、色の変更が可能なものです。
しかしつながっているすべてのパーツが同じ光り方をします。

僕の購入したRGBヒートシンクは12Vなので、4枚のメモリすべて同じ光り方をします。
IMG_1273

5VはアドレサブルRGBです
端子は3pinになります
アドレサブルRGBはLED一個単位で色を制御することが可能です。
パーツごとに色を変えたり、
レインボーやウェーブといった点灯タイプは
この5VタイプのRGBになります。

結果から言うと、
単色で統一させたいなら12Vでもいいです。

しかし僕の様にレインボー系などで
いろいろな色を流したい場合は5Vじゃないとできません。

けっこういろいろなサイトを見て調べたつもりでしたが
失敗しました

もしRGBパーツを買いたくて
迷ってる方の助けになれば幸いです。

結局のところ、
RGBパーツは5Vを買うべきだということです!!
バリエーションが広いですからね!

以上
黄昏男子ZENでした

レビュー関係のご依頼は
TwitterのDM→Twitter
もしくはお問い合わせフォーム
までお願いいたします!!
※レビューは『メリットだけ』で構成するつもりはありません。
それをご理解頂いた上で御連絡頂けたら嬉しく思います






最後まで見てくれてありがとうございました!!
少しでも興味をもって頂けたら動画の方もよろしくお願いします!!

・ニコニコ動画 フォロー、コミュニティ参加お願いします
・YouTube チャンネル登録お願いします






コメント

タイトルとURLをコピーしました