通知エリア

【AVerMedia】Live Gamer Portable 2 PLUS AVT-C878 PLUS 【4Kパススルー対応】を使う

機材レビュー

皆さん
元気しとーーーやーーーー!!!

ZENです

ゲーム実況をする上で欠かせないもの
それは
『キャプチャーボード』ですよね

キャプチャーボードとはそもそも何かというと・・・
それはまた別の記事にしたいと思います

今回は
僕の使っているキャプチャーボードAVT-C878PLUSについて触れていきます

開封
P5180001
箱は重厚感、高級感申し分ない(*´▽`*)ハアハア

4Kという文字に魅力を感じられずにはいられない

P5180002
ブログを書いた現在も使用して1年なので箱から出してセッティングしてある

真ん中の光っている部分はボタンになっていて「単体モード時の録画ボタン」になる

P5180004
内容物が使用しているので全部ではないが
本体、クイックガイド、PowerDirector(動画編集ソフト)のライセンスカード
HDMIケーブル(30cmくらい)、電源用のUSB2.0ケーブル、3.5㎜のステレオオーディオケーブル(4極)

P5180005
箱の大きさはこのくらいでデカすぎずって感じ

P5180006
本体は三角形でゴツくいかにもメカって感じ

コミック

c878_10
各部名称と仕様はこんな感じ

スマホもHDMIに変換できれば画面を録画することができる
持ち運んでまではしないだろうけどモバイルバッテリーの給電にも対応しているとの事

SS_17
本体にmicroSDを挿すことで単体録画ができる
つまり
パソコンが要らないということ!!

でもここまでのキャプチャーボードを買って画質をケチるのは違う気がする
解像度はフルHDの画質は最高をおススメするので
個人的には最低でも64GBのSDカードは欲しい所ではある

unknown
モード切替も本体に図と全く同じ刻印が入っているのでわかりやすい

c878_07

このボイスチャットを同時収録できる機能は素晴らしいがまだ使ったことがないので未知数。
ちゃんとした音質で遅延なく録音できるかは申し訳ないがわかりません

c878_6-1

そしてキャプチャーソフトが素晴らしい!!
なんと無料である
しかも細かい設定や YouTubeやニコニコにもライブ配信がここから出来るという優れもの
クロマキー合成も設定できたり。。。時代ってすごい、、、

しかし注意点として
このキャプチャーソフトはWinのみ対応となっています
なのでMacは残念ながら使えませんのでOBSなどを使うといいでしょう

終わりに

AVT-C878PLUSは
4Kパススルー対応です
自分も最初はごちゃごちゃになっていたんですが、
4K録画ではありません!!
あくまで録画は1080pのフルHDになります

そしてPS4proと4Kモニターを持っていなければこれは完全なる宝の持ち腐れですww(現状の俺)

4K録画できるキャプチャーボードは現在AverMediaから出ていますが値段も跳ね上がります

楽天市場

楽天市場
いずれは僕もPS4pro買って(その前にPS5でるか)
最高の画質をお届けしたいもんです!!!!

AverMediaさんの商品ページ
https://www.avermedia.co.jp/product/index.html

AVT-C878PLUS

以上
黄昏男子ZENでした

ランキング応援にご協力ください!
リンクバナーを1クリックでOKです
クリックされたブログのランキングが上がるだけなのでご安心ください!
ブログランキング・にほんブログ村へ


レビュー関係のご依頼は
TwitterのDM→Twitter
もしくはメール
までお願いいたします!!
※レビューは使いやすい所、使いにくい所両方言うタイプなのでそれをご理解頂いた上で御連絡ください。





最後まで見てくれてありがとうございました!!
少しでも興味が湧いてくれたら動画の方も応援よろしくお願いします!!

ニコニコ動画 フォローだけでもお願いします。。マジで
YouTube チャンネル登録おねがいします!!マジで







コメント

タイトルとURLをコピーしました